本ページでは、WiMAXの通信速度が遅い原因と対策をご紹介しています。

代表的な7つのチェックポイントとともにご紹介していきます。

ぜひ参考にしていただければと思います。

まずは客観的な通信速度を把握しよう!

あなたが「WiMAXが遅い!」と感じていても、そもそも十分に速度が出せており、実際にはそれ以上のスピードを出すことができない可能性もあります。

そこで、まずはご自身の通信速度を測定し、客観的にどのくらい遅いのかを調べてみましょう。

測定方法は以下の様なものがあります。

https://fast.com/ja/などのサイトにアクセスする。

・「Speedtest.net」(iphone版,android版)等のアプリを使用する。

さて、実際に速度測定をしたら以下の数値と比較して、自分の通信速度がどの程度遅いのか確認しましょう。

利用シーン 快適に使用できるとされる速度
ブラウザ利用 1~10Mbps
SNS 3Mbps
youtube 1~20Mbps
オンラインゲーム 30Mbps
ライブ配信 1Mbps

WiMAXの速度が遅いときにチェックすべき7つのポイント

もしかしてお使いの回線は、旧式のWiMAXを使っていませんか?

実は「WiMAX」は旧回線のサービス名で、現在は「WiMAX2+」へとサービスの切り替えが行われています。旧回線のサービス終了日は2020年3月31日です。

実際、WiMAXの最大通信速度が「下り 13.3Mbps、上り 15.4Mbps」なのに対して、WiMAX2+では「下り 558Mbps,上り 30Mbps」と圧倒的な差があります。

使用中のサービスが「WiMAX」のままの方は、公式HPに無料交換の方法も記載してあるので、今すぐに交換することをおすすめします。

WiMAXでの通信量を超過したために速度制限が発動し、遅くなることもある

スマートフォン同様に、WiMAXにも速度制限が存在します。

契約上存在するのは ①月間7Gプラン②ギガ放題プラン の2つですよね。

7Gプランの場合、月間の使用量を超過した場合、速度制限にかかってしまうため快適な利用は難しくなります。

しかし、実は「ギガ放題」であっても実際には速度制限があり、“3日間で10GB”以上使用すると夜間だけ速度が低下する仕様です。

現在の通信量を確認するには、こちらにしたがってmy UQ WiMAXから照会することができますし、モバイルルーターであれば端末に表示させることもできます。

お使いのWiMAXルーターの電子的不具合で速度が遅くなる

電子機器ですので、ルーターの一時的な不具合で速度が低下してしまうこともあります。

電源を再起動することで直る場合がほとんどなので再起動を試してみてください。

なお長時間の利用を続けることで、発熱して速度低下するケースもありますので、適度に電源をオフにして休憩を取ることも大切です。

WiMAXルーターの2.4Ghzモードを使うと、速度は遅め!自宅で使うなら5GHzモードがおすすめ

ルーターの周波数は5GHzか2.4GHzのどちらかに設定されますが、それぞれに特徴があり、5GHzモードの方が通信速度が早いです。

そのためルーターの周波数変更で速度が改善される可能性があります。

それぞれの特徴は以下の通りです。

2.4GHz
メリット デメリット
壁や床等の障害物があっても繋がりやすい。 他の家電にも使用されがちな周波数のため、電波干渉による速度低下が起きやすい。
5GHz
メリット デメリット
他の家電に使用されることがほぼ無く、速度が早い。 壁や床等の物理的障害物がある場合、繋がりにくい。

以上の様な特徴があるため、速度を重視するのであれば5GHzモードに切り替え、ルーターの近くで利用することが重要だと言えます。

WiMAXの電波状況が悪いから、速度が遅い

設置場所の電波状況が悪ければ、通信速度も遅くなります。

悪い設置場所には以下の様なものがあります。

・机や棚の中

・水槽など水が多い場所

・部屋の隅や違う部屋など物理的に離れている場所

また

・電子レンジ

・冷蔵庫

・Bluetooth製品

など電波干渉の原因となる家電の周辺に設置している場合も速度低下の原因になるため、なるべく避けてるようにしてください。

特に電子レンジは強力な電磁波を発するため、同時利用が電波干渉の原因となっているケースが多いです。

特に2.4Ghz帯は家電製品の影響を受けてしまいがちなので、自宅では5Ghzを使うと速度低下や通信品質の低下が起こりづらいです。ぜひお試しください!

WiMAXルーターが古いから速度が遅い!最新ルーターは超高速化しています

ルーターも電子機器ですので、経年劣化で速度低下を招いている可能性もあります。

また、最新のルーターであれば最大通信速度も早く、古いモデルのままでは十分快適な通信が望めない場合があります。

例えば、最新ルーターの「Speed WiFi NEXT W06」では「下り最大1.2Gbps 上り最大75Mbps」,「Speed WiFi HOME L02」では「下り最大558Mbps 上り最大30Mbps」とされており、最新機器に買い替えることで最大通信速度の向上が望めます。

WiMAXで繋ぐパソコン、スマホ、タブレットの通信性能が低い

ルーター側ではなく、スマホやPCなど接続機器側が原因となっている場合も多々あります。

・ご使用の接続機器の通信性能が十分なものかを確認する

・複数の接続機器を試す

などをすることで接続機器側に問題がないか確かめましょう。

通信速度を向上させたいなら有線LANケーブル、クレードルを使うのが効果的!

現在はほとんどの場合、ルーターは無線通信を前提にしています。

しかし、障害物や電波干渉などの影響を受けにくい有線に切り替えることで、速度が向上することも多くあります。

有線LANで端末どうしを接続してみましょう。有線LANケーブルの差し込み口がない場合でも、クレードル(スタンド型の拡張期のこと)を使えば、ルーターに有線LANを接続することができます。

クレードルとは、スマホでいうところの卓上充電器のようなものです。充電機能やLANポートを搭載しています。クレードルにWiMAXの差し込んで使います。

WiFi(無線)ではなく、有線LANで接続することで通信速度がアップするケースも多々あります。

WiMAXのネット速度に関する質問・回答

夜に通信速度が遅い原因は何?混雑ですか?

この時間帯は一般的に、仕事や学校が終わった人がスマホやパソコンを使用している場合が多く、回線が混み合っています。そのため通信速度が安定しないケースが多いです。

また、昼間のランチタイムなども回線が集中していることが多く、通信速度の低下の原因となっているケースがあります。

賃貸マンションでWiMAXを利用していますが、マンションは速度低下しやすい?

周辺の住宅棟が障害物となったり、鉄筋コンクリート構造そのものが障害になりやすいため、速度が低下する場合があります。

できるだけ接続機器とルーターを近くに設置し、窓際で利用するなどすることで改善する場合があります。

WiMAXの速度が急に遅くなる原因は何ですか?

上記の様なこと原因であることがほとんどですが、最も多いのは契約に基づく速度制限の上限をオーバーしているケースです。

今一度一つ一つ確認してみましょう。

まとめ

いかがでしょうか。

せっかくWiMAXを契約したのに「速度が遅い」という不満を抱えている方はたくさんいるかと思います。

しかし、実際は些細なことが原因だったり、システム上避けられない速度低下である場合がほとんどであるため、もう一度再確認し、快適な通信を楽しみましょう。